木曜日, 4月 29, 2010

綺麗なデザイン



同じく木村邸

コウモリをデザインしたタイル



三津 木村邸 へ 行ってきた。 案内の方曰く、海路がメインの交通手段だった頃、港町は時代の最先端の情報が集まるところだった。

こうもりは繁栄の象徴としてデザインされたのもで、鞆の浦にも同じものがあるそうだ。

水曜日, 4月 28, 2010

季節性並み対処、直後から検討=専門家諮問委の議事概要判明

ワクチンが余ったってことも他人事のように報道している。

このような決定をもたらした背景には当時のヒステリックな報道も大いに影響していると思う。

マスコミの責任を認めた記事を書くべきではないのだろうか?


季節性並み対処、直後から検討=専門家諮問委の議事概要判明

土曜日, 4月 10, 2010

漫画じゃあるまいし、本気で書いたきじやろか??

ガソリンかなにか、発火性のものでも置いておかない限りありえん話やろ!

スイング時の火花が芝に引火! 宮城のゴルフ場で900平方メートル焼く

4月10日18時44分配信 産経新聞
 10日午後1時20分ごろ、宮城県大和町のゴルフ場「ミヤヒル36ゴルフクラブ」で、男性客がスイングした際に地面付近から飛び散った火花が芝に燃え移り、コース内の芝生や枯れ草など約900平方メートルを焼く火災があった。火は約20分後に消し止められた。けが人などはいなかった。

 当時、同ゴルフ場では約90人がプレー。この男性客からの119番通報で消防車5台が駆けつけ、現場は一時騒然となった。

 県警大和署などによると、火災が発生したのは17番ホール。3人でラウンドしていた50代の男性が、ボールをラフから出そうと5番アイアンで打った際、地面付近から火花が発生。それが足下の芝などに燃え移ったとみられる。現場の芝は枯れた状態だった。男性客は同署の調べに「踏み消そうと試みたが火の勢いが強まり、手に負えなくなった」などと話しているという。

 同ゴルフ場の支配人男性は「クラブがボールや石などに当たって火花が散ることはよくあるが、火事になったというのは聞いたことがない。けが人がいなくてよかった」と話している。